2019年04月26日更新

剛毛の人は発毛でお悩みの人が多い

発毛で悩む男性生まれつき体毛が剛毛の人は、発毛でお悩みの人が多いです。これにはホルモンに関連する発毛のメカニズムの観点からきちんとした理由が存在します。
そもそも、人間の髪の毛は成長期と退行期と休止期の三つの時期を定期的にまわりながら成長しています。発毛がうまくいかない人というのは、この髪の毛が本来持っている発毛のサイクルが正常に働いていないことを意味しますので、発毛をするときにはこのサイクルを正常化させることを考えて行動しなくてはなりません。
では、こうしたサイクルを狂わせる大きな原因とは何なのでしょうか。実は、この原因は人間が生まれながらにして持っている男性ホルモンという人間の骨や肉体を成長させるホルモンなのです。男性ホルモンは、月日を数えると体内でDHTという特殊な物質を作り始めてしまいます。DHTは毛乳頭と反応することによっては発毛を阻害する物質を出すことになりますので、これが原因で抜け毛が進行するようになり、髪の毛のサイクルが乱れてしまうことになるわけです。
剛毛の人が髪の毛に関連してお悩みの人が多い理由がまさにこれです。剛毛の人は、例外なく男性ホルモンの含有量が多い人であるため人よりも抜け毛の作用が進行しやすい身体の状況を作ってしまっています。そのため、発毛でお悩みの人はまずこうした身体の男性ホルモンの働きをどうにかして小さくしていくことを考慮しなくてはなりません。
幸いにも、近年では薬を服用することによって効率的に男性ホルモンの働きを抑えて髪の毛を発毛させることが出来るようになっています。薬を一年間服用し続けると約7割から9割近くの人が増毛を実感することがわかっていますので非常に効果的な治療の一つなのです。